無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - |
    外資系の主な企業
    0
      国内企業の中には、「え、ここも外資系なの?」と思うような企業があります。
      外資系への転職を考えている方は、そういった企業を目指すのも良いでしょう。

      ◆西友
      スーパーマーケットで有名なこの西友も、外資系企業です。
      ウォルマート・ストアーズというアメリカ企業の子会社になりました。

      ◆日産自動車
      ブラジル人カルロス・ゴーンが代表を勤めるフランスのルノーが筆頭株主となり、その傘下に下ったのはもう8年も前の話です。

      ◆ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
      ユニバーサルスタジオが日本進出を始めたのが1990年ごろで、実際に会社が設立されたのは90年代中盤です。

      あとは、東京コカ・コーラボトリングは外資系企業です。

      高級アイスの代名詞ハーゲンダッツジャパンも外資系です。


      JUGEMテーマ:ビジネス


      ロールケーキ
      ロールケーキ ランキング
      | くまお | 外資系への転職 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      外資系企業:ヤフー
      0
        ヤフーは母体がアメリカにあるため、各国のヤフーはアメリカのヤフーが筆頭株主となっています。
        しかし日本国内は例外的にソフトバンクが筆頭株主となっています。
        ソフトバンクが外資系企業や海外の企業という訳ではないのですが、アメリカが母体であるので、ヤフーも外資系企業の位置づけとなります。

        ただ、法人は日本法人となります。
        外資系への転職を考える人にとって、ヤフーを外資系企業と見るのは微妙です。

        この他には、保険関連も外資系企業が多いです。
        アリコジャパン、アクサホールディングスなどがあります。
        外資系への転職を試みる人の多くは、営業など国内で仕事をしていた人でしょう。
        そういった人は、そのノウハウを活かせる上に、平等、そして能力主義で外資系への転職を希望するという事でしょう。


        JUGEMテーマ:転職活動


        ツアーステージ ドライバー

        ブラック マウジー

        | くまお | 外資系への転職 | comments(0) | trackbacks(1) | - |
        主な外資系企業:IT系
        0
          外資系への転職を目指す人のために、ここからは主な国内の外資系企業を紹介します。

          まずはIT系関連。
          現在最も若年層に人気がある分野です。
          この分野の代表は「マイクロソフト」です。
          国内の外資系への転職人気ナンバーワンを誇る会社で、世界最大のコンピューター会社です。

          それだけの規模の会社が今後傾く可能性は0に限りなく近く、日本支社に関しても、日本国内のコンピューターが普及し続ける限りは安泰です。
          この圧倒的シェアと、コンピューター関連事業の将来性が、マイクロソフトの人気を支えているのでしょう。


          JUGEMテーマ:ビジネス


          ツアーステージ アイアン

          フォーティーン ゴルフ

          | くまお | 外資系への転職 | comments(0) | trackbacks(1) | - |
          外資系の良さとデメリット
          0
            外資系への転職の場合、その将来性について考慮する場合があります。
            例えば、アメリカは今金融危機が問題になっていますが、全てのアメリカの金融会社が危機というわけではありません。
            つまり、アメリカ系列の保険会社が今はあまり景気がよくないかというと、一概にはそうとも限らないわけです。
            では、転職で将来性を有利にするのは無理なのかというと、そうとも限りません。
            外資系は基本的にグローバルな展開をしており、国内企業よりも受け皿が大きく、将来性を期待できると言えます。
            ただその反面、買収も多く、気が付けば吸収合併→部門の削減という形で将来が閉ざされる可能性もあります。

            外資系であれデメリットは複数存在します。
            現在、外資系企業への転職を希望する若い人達が増えていますが、そういった人たちは、どちらかというとデメリットをあまり考慮せずにメリットを追いかけている傾向にあるような気がします。
            デメリットにも考慮した上で、転職を考えるべきです。

            JUGEMテーマ:転職活動


            体脂肪計 タニタ

            タイトリスト ボール
            | くまお | 外資系への転職 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            外資系の利点
            0
              外資系の利点は、平等主義であるという点です。
              これは年功序列にはじまり、あらゆる格差をつけたがる国内企業とは違い、あくまでビジネスという一点に集中している外資系は、能力のみがその格差を生む唯一の要素というくらい平等といえます。

              若手、20代〜30代の人にとっては、有利になります。
              近年はIT産業の分野において20代、30代の社長は珍しくなくなりましたが、これはあくまで一から会社を作っていった過程での話です。
              転職組にいきなりそういったポストを与えるというのは、IT分野でもそう多くはないでしょう。

              外資系への転職組であっても、能力さえあればそこに問題はありません。
              しがらみも少なく、タブーや暗黙の了解といった、日本特有のしがらみもほとんどないので、自由です。
              これが、外資系の持つ最大の利点でしょう。
              賃金においても実力主義なので、若くして大金を掴む事も可能です。



              JUGEMテーマ:営業


              思考は現実化する
              タイトリスト 909d2
              スリクソン wr
              | くまお | 外資系への転職 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              外資系の良さとデメリット
              0
                外資系への転職がもたらす長所とは、どういった点があるでしょう。

                まず、実績主義、実力主義である点が一番の特長です。
                実力主義という事は当然実力がある人にはメリットです。
                国内企業の場合、年功序列や、コネ、その他様々なしがらみや人間関係が出世や昇給に大きく影響を与えます。
                一方、実力主義の外資系企業の場合、シビアに実績で判定が下されます。

                反面、デメリットにもなります。
                仕事というのは、少なからず自分の力ではどうする事もできない要素もあります。
                そんな外的要因によって上手く行かなかった時も、外資系企業ではそれが実力、実績と判断されます。
                国内企業の場合、そういったケースでは情状酌量の余地あり、とみなされる事もあるでしょう。
                よくも悪くも、感情が作用するのが国内企業の特長です。


                JUGEMテーマ:転職活動


                思考は現実化する

                湘南 生活
                | くまお | 外資系への転職 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                外資系と国内系
                0
                  外資系への転職を検討する人が年々増えているのは、当然ですが外資系企業に多くの利点があるからです。

                  アメリカが最も多いですが、外資系企業はその母体となる企業のお国柄によって、その特長が変化します。
                  アメリカは短期的な見方をする企業が多く、市場の成長性が弱い場合は、躊躇なく撤退する見切りの速さが特徴です。
                  一方、欧州の場合は、長期的で地道な開発や販売を得意としています。
                  そのため、アメリカはITや金融、自動車などの製造が主で、欧州は重機機械や自動車・航空の部品、化粧品などの製造、販売が得意です。
                  日本はどうでしょう。
                  日本は輸出大国と言われているくらいですので、専門的な得意分野を持っています。
                  精密機器、家電です。
                  細かい事をやらせたら日本の右に出る国はありません。

                  では、体質についてはどうでしょう。
                  日本と外国の一番の違いは、その積極性にあります。
                  アメリカやヨーロッパ諸国の人々は、自己主張が上手く、理路整然としており、曖昧さを嫌います。
                  日本は、自己表現が苦手で、感情論に流されやすい体質です。


                  JUGEMテーマ:ビジネス


                  toeic 勉強法
                  toeic 対策

                  空気清浄機
                  | くまお | 外資系への転職 | comments(0) | trackbacks(1) | - |
                  必要な能力
                  0
                    外資系が能力主義である事は当然知っている事でしょう。
                    となると、外資系への転職で、何が求められているかも、自ずと理解はしているかと思います。
                    では、何を持って実力というのでしょう。

                    外資系にはIT関連の会社もあれば、保険や化粧品などの販売会社もあるでしょう。
                    その分野によって、何が求められるかというのは当然変わってはきます。
                    共通して求められるのは、その分野に関する技術、ノウハウです。
                    そして、知識も必要です。
                    通常の転職とは違い、外資系への転職はスペシャリストへの道を進むというものだからです。

                    それらと同じくらい重視されるのは、積極性とパーソナリティです。
                    どれほど仕事に熱意を持っているか。
                    どれほど人格的に優れているのか。
                    これらは、仕事を継続していく上での必要事項です。

                    また、外資系企業は人格や健康も重視します。
                    仕事をどれくらいしっかりできるかというのは、身体と精神が基本という事ですね。

                    退職挨拶状の書き方とサンプル
                    | くまお | 外資系への転職 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    外資系の面接
                    0
                      外資系への転職の時、自分への評価が下されるのは、面接です。
                      面接でどのように振舞うかによって、外資系への転職が成功するかどうかが決まってくるほど重要です。

                      外資系への転職を考えるならば、企業が欲する人材である事をPRするような面接を行う必要があります。

                      例えば、外資系においては、コミュニケーションを重視しています。
                      語学力の有無はもちろん、質問に対する円滑な対応、積極的な意見交換、空気を読んだ発言を行うなどが、外資系の求める人材と一致するものとなるでしょう。

                      国内企業は実績重視であり、コミュニケーション能力に関しては、それほど重要視はされません。
                      学歴が最も重要視されるところも少なくないでしょう。
                      外資系企業の場合、戦力になるかどうか、コミュニケーション能力によって判断されます。

                      自分の語学力を誇示するくらいの勢いで、とはいえしっかり空気を読み、ある程度過剰なくらいのアピールを行う事が望ましいでしょう。
                      JUGEMテーマ:ビジネス



                      失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法<サポート版>


                      | くまお | 外資系への転職 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
                      外資系への転職時の履歴書
                      0
                        転職の際には履歴書が重要となってきます。

                        外資系への転職時の履歴書は、どういった点が重視されるのでしょう。
                        先ずは英語力です。
                        TOEICなどは最初に目を通されるでしょう。
                        しかし、転職組の場合は、それとほぼ同じくらい重要視される点があります。
                        それは、実績と志望動機です。

                        今までどの会社に勤めていて、どのようなポストを任されていたかという点は非常に重要です。
                        ありのままに書くだけですから、重要視される点とはいえ、どうしようもありません。
                        問題なのは、志望動機のほうです。

                        志望動機がなぜ重要かというと、やる気をみるという点です。
                        しかし、転職している以上、そのやる気、意欲に疑問点を持たれるのは当然の事といえます。
                        やる気を内に秘めるのではなく、志望動機にぶつけなければ、成功する事は難しいといえます。


                        JUGEMテーマ:転職活動


                        toeic 勉強法

                        岩佐真悠子

                        小野真弓
                        | くまお | 外資系への転職 | comments(0) | trackbacks(0) | - |