無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - |
    UターンやIターンという方法
    0
      リストラされた暗い気持ちを引きずりながら再就職活動を行なうのなら、心機一転、UターンやIターンにチャレンジしてみるのもいいかもしれません。
      生まれ故郷に帰るUターン、またはまったく新しい土地で生活を始めるIターンという生き方もひとつの選択肢です。

      UターンやIターン転職は、遠く離れていることがほとんどですが、現在は都会にいても地方の情報を入手する手段はあります。
      現代はインターネットで最新情報が検索できる時代ですので、ネットで求人情報をチェックしましょう。
      他にはハローワーク、地方版新聞、地方発行の求人情報誌などで情報を集めることができます。
      また、地域によっては各都道府県のUターン相談窓口がありますので、足を運んでみるとよいと思います。
      さらに年に何回かは求人をしている全国の会社が集まるUターンIターン向けの就職フェアなども行なわれます。


      JUGEMテーマ:転職活動


      子供服 ちびギャル

      子供服・ベビー服通販ランキング
      | くまお | リストラ | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      資格を取る
      0
        この不景気の影響で会社をリストラされた人が、再就職活動のかたわら資格勉強に励んでいる話を聞きます。
        また、会社の先行きを不安に感じて自ら転職をするつもりで資格取得を目指している人もいます。

        まず気をつけなければいけないのは、医師や弁護士、公認会計士などの国家試験以外の資格は、自分が勉強をする機会を得るためのものであって、それで生計を立てていけるものではないということです。
        いろいろな資格があり、比較的簡単に取得できる資格は、よい収入を得るための有利な条件となるわけもありません。

        しかし退職後にやりたい仕事が明確で、そのために必要な資格である場合は良いでしょう。
        自分の進みたい職種に対しての手段として資格取得があることが大切です。
        資格マニアのようにいろいろな資格をとっていくことは、再就職に向けての意味のある対策とはいえないでしょう。

        JUGEMテーマ:学問・学校


        こちらもどうぞ

        失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法<サポート版>

        ボーリングシャツ
        | くまお | リストラ | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        リストラと住宅ローン返済
        0
          景気がよかった時に家を建て、住宅ローンを組んで返済し始めたところだったのに、不況という「何もこのタイミングで不況の波が来なくても」と嘆く人もいるでしょう。
          突然のリストラとなるとなおさらです。
          会社にリストラされ、建てたばかりの家を泣く泣く手放す人もいるかと思います。

          確かに失業後の家計をもっとも圧迫するのが住宅ローンの返済です。
          だからと言って、毎月の返済を滞らせるのは危険です。
          例えば公庫融資の場合、返済が遅れると、支払い期日の翌日から即、年14.5%の延滞損害金を支払う義務が生じます。
          さらに6ヶ月以上滞納すると、保障協会が肩代わりをして全額返済をすることになっています。
          月々の返済を滞納しているのですから残額を一括返済できない場合が多いでしょう。
          それが支払えないとなると、最終的にマイホームを手放すことになってしまいます。

          失業して住宅ローンの返済が厳しくなるのは、再就職が決まるまでの一時期のことです。
          その間にこういうことにならないよう、それまで通りの返済額で無理なら金融機関に返済期間の延長を相談するなどの対策をとりましょう。

          花粉症対策にはこちら⇒ 空気清浄機

          toeic 対策
          JUGEMテーマ:ビジネス


          | くまお | リストラ | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          生命保険の節約
          0
            家計の見直しでよく取り上げられるのが保険料です。
            長く払い続けて行くものなので、再検討することで意外に大きな節約となります。
            次のような内容の保険なら再検討してみる価値はあります。

            1.専業主婦の妻が高額な死亡保障をつけている。

            2.住宅ローンを契約している人が高額な死亡保障に入っている。

            3.子どもが独立したあとの高額な死亡保障。

            死亡保障を減らす場合、基本は掛け捨てである定期保険から減額したほうがよいでしょう。
            また民間よりも共済の方が掛け金が安く済むので、この際従来の保険は解約して新たに入り直すというのもひとつです。
            注意点は、健康状態によっては新しく保険に加入できない場合もありますので、新しい保険の契約が成立してから従来のものを解約するようにすることです。

            滝沢乃南

            竹内のぞみ

            JUGEMテーマ:転職活動


            | くまお | リストラ | comments(0) | trackbacks(1) | - |
            生命保険のみなおし
            0
              100年に一度の不況時代と言われる現在、残業カットなどでそれまでのような収入は得られない家庭が多くなっています。
              多くの食材が値上げしたこともあり、不景気やリストラの影響がサラリーマン家庭をより圧迫していることは目に見えて明らかです。
              残業も各種手当てもカットされたり、リストラにあって失業保険を受け取っている人、いずれにしても以前より収入は激減しているようです。

              意外に私たちの家計を圧迫しているのが民間の生命保険です。
              保険に関しては保障内容も詳細までは理解せずに契約してしまう人が多いようです。

              確かに保険は万が一の事態に備えて必要なものです。
              しかし未来の安心のために現在の家計が回らなくなってしまっては、将来への何の対策にもなりません。
              退職を機会に、自分の契約している保険証券を再読し、内容と保険料を見直してみましょう。

              JUGEMテーマ:ビジネス


              あの人気ブランドが⇒ スナイデル ミックスニット

              バーバリーブラックレーベル
              | くまお | リストラ | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              起業するときの失業保険
              0
                起業に興味はあるが、一歩が踏み出せなかったという人でも、リストラをきっかけにしてみるのも退職後を前向きに過ごす対策になります。

                例えば、退職後、失業保険を受け取りながら求職活動をしているときに思い立って起業を目指した場合、いつまで失業給付金は受けられるのでしょうか。

                厳密にいうと、独立、企業しよう、と決心した時点で求職は終わるので、そこで支給は終了です。
                実際は、人の心理まで読み取ることは不可能ですので、失業認定の際に客観的に判断できる基準を設けてあります。
                それは、自営業を始めたときから失業の状態と認められなくなります。

                では「自営業を始めた」とみなされるのはいつからでしょう。
                一般的には、事業所を開設する際の賃貸契約書を締結した時点、あるいは定款を公証役場に届け出た時点です。


                杉本有美

                鈴木茜

                JUGEMテーマ:転職活動

                | くまお | リストラ | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                退職後のバイトと失業保険
                0
                  リストラの精神的ショックを癒すべくしばらく休養しようとか、すぐにでも仕事を探したいなど様々ですが、失業保険は求職していないと給付されません。
                  また失業保険を受け取っている間はアルバイトや内職をしてはいけないと思っている人も多いようですが、そんなことはありません。
                  ただし、アルバイトを行なったことを申告しなければなりません。
                  申告は失業給付の認定日に提出する書類でアルバイトした日を明示する事後申告でOKです。
                  アルバイトなど実働日については基本手当てが減額または支給されなかったりしますが、その日数分の給付金は遡及して受け取ることができます。
                  アルバイトで月に14日以上、あるいは週に20時間以上働くと失業状態ではないとみなされ、失業給付の支給が打ち切られるケースがあります。
                  実質的には短期間しか働けません。
                  発覚した時のリスクをよく考え、不正のないようにしましょう。
                  JUGEMテーマ:ビジネス


                  メタボ対策はまずこれ⇒体脂肪計 タニタ

                  プーマ ゴルフウェア
                  | くまお | リストラ | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  自己都合退職での失業保険
                  0
                    失業保険は失業者なら誰でもすぐもらえる訳ではなく、正当な理由もなく自分の都合で辞めた場合は自己都合退職となり、退職後3ヶ月間の給付制限があります。
                    給付を受けられる期間も自己都合退職の場合は会社都合退職に比べて短くなっています。

                    ただし、正当な理由があって自己退職した場合は3ヶ月の給付制限を設けない、というケースもあるのです。
                    例えば、病気が理由の場合は医師の診断書があれば、たとえ自己都合による退職であっても正当な理由と認められます。
                    ただし、正当な理由であるかどうかを判断するのはハローワークです。
                    病気の場合、診断書、残業ならタイムカードのコピー、などなど客観的に認められる事実証明の証拠を提示しなければなりません。

                    ダメもとで訴えてみたところ、言い分が正当な理由と認められてすぐに失業給付がもらえた、というケースもあるのです。
                    ハローワークに提示できる証拠を残しておくという対策も忘れずに。


                    JUGEMテーマ:転職活動


                    ワッフル

                    代官山 ワッフル
                    | くまお | リストラ | comments(0) | trackbacks(3) | - |
                    失業保険の貰い方
                    0
                      退職、失業に関する手続きはいろいろありますが、黙っていたらもらえないお金もきちんと手続きすることで受け取れることもありますので、そこは漏れのないように対策をとりましょう。

                      まずリストラなどで仕事がなくなった時の保障として挙げられるのが失業保険でしょう。
                      この雇用保険の失業給付は失業したからと言って無条件にもらえるのではなく、以下のような受給条件が定められています。
                      ・雇用保険の被保険者である期間が6ヶ月以上ある
                      ・働く意思と能力があるにも関わらず、職業に就けない状態である
                      ・ハローワークで求職の申し込みをしている

                      気をつけたいのが、例えば病気やケガですぐには就職できない場合や専門学校への通学で学業に専念する場合、看護で働けない場合は、給付が受けられません。
                      もし会社や団体の役員就任話が来ている場合は、たとえ名前を貸すだけという条件でも失業給付はもらえなくなります。

                      杉本有美

                      鈴木茜

                      JUGEMテーマ:ビジネス


                      | くまお | リストラ | comments(0) | trackbacks(2) | - |
                      退職後の確定申告
                      0
                        どう対策をとっても退職することになったら、もらえるものをもらって損をしないように努めましょう。
                        退職金や失業給付金などを不足なく受け取ることはもちろん、払い過ぎた税金も返してもらいましょう。

                        会社にいる間は所得税が毎月の給料から天引きされていましたが、それはその人が1年間に得ると予測されるおおよその所得をもとに計算されています。
                        そのため、会社を辞めて年末までに働いていない場合は想定された年収に満たないわけですから、税金を払いすぎていることになります。
                        こうした場合は確定申告をして余分に引かれていた税金を取り戻すことができます。
                        失業保険を受けている間でも、失業給付は所得とみなされないので、年収が少なければ丸っと還付されることもあります。
                        確定申告の手続きは、所轄の税務署で所定の用紙をもらい、申告期間に提出すれば大丈夫です。

                        JUGEMテーマ:転職活動


                        セシルマクビー ワンピース

                        スリクソン zr-800
                        | くまお | リストラ | comments(0) | trackbacks(0) | - |