無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    退職願いを書いた後のこと:失業保険の貰い方
    0
      退職願いを書いた後は、いよいよ退職手続きです。

      その前に、重要な失業保険について、書いておきます。

      基本手当日額は年齢区分ごとにその上限額が定められており、現在は次のとおりと
      なっています。

      (平成18年8月1日現在)
       30歳未満 6,395円
      30歳以上45歳未満 7,100円
      45歳以上60歳未満 7,810円
      60歳以上65歳未満 6,808円

      退職で失業保険をもらうための手続き
      ・退職後に、会社から「離職票−1と2」を受け取ります。
      ・管轄のハローワークに行き、求職の申込みをします。
      ・雇用保険被保険者証、離職票−1、2、住民票か運転免許証、印鑑、顔写真が必要です。
      ・日間の待機期間を経て、雇用保険受給説明会に参加します。
      ・その時、「雇用保険受給資格者証」「失業認定申告書」を受け取ります。
      ・指定された日時に、職安に行き、失業認定を受けます。
      ・4週間で2回以上求職活動をしないと失業保険はもらえませんので注意が必要です。
      ・失業認定から1週間ほどで、基本手当がもらえます。
      自己都合での退職の場合、7日間の待機期間の翌日から3か月間の給付制限期間があり、その後の失業認定日を待たないと失業保険はもらえません。


      前にもいったとおり、自己都合の退職の場合、3か月の給付制限期間があるので注意が必要です。

      役所のやることですので、従うしかありませんが、雇用保険を払っているのは誰なんでしょうか?
      役人ではないことは確かです。

      会社都合で退職する方はこちらもどうぞ 
      失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法

       http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070401-00000000-fsi-bus_all

      農業ビジネス講座花盛り 経営感覚あふれる人材育成
      4月1日8時32分配信 フジサンケイ ビジネスアイ
      人材派遣会社や専門スクールなどが4月以降、農業ビジネス講座を相次いで開く。経営感覚あふれる人材を育成するのが目的。構造改革の遅れが際立つ農業だが、農業にかかわる仕事を求める人が増えつつある。これを受けて、次世代農業の優秀な担い手を、農家の身内以外からも幅広く求める。
       ≪団塊向けスクール≫
       人材派遣大手のパソナは、団塊世代や中高年層のビジネスマンを対象にした「Agri−MBA 農業ビジネススクール“農援隊”」を5日、開校する。東京・大手町の本社で6カ月間、毎週火・木曜の午後7時から53講座を行う。農作業の技術論はもちろんだが、ファイナンスやIT(情報技術)対応などの農業経営学が講義の中心となる。
       3月9日の説明会には、21歳の大学生から60代の男性まで幅広い世代の30人ほどが参加した。
       パソナは、2003年から就農希望者向け研修を実施しているほか、本社地下2階に、人工照明で稲作などを行う就農者支援施設を設置している。


      退職願いの書き方:退職・転職の基礎知識

      -
      | くまお | 退職の基礎講座 | comments(0) | trackbacks(1) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - |
        Comment
        name:
        email:
        url:
        comments:
        Trackback
        http://job777.jugem.jp/trackback/177
        2007/04/25 12:18 PM posted by: -
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。